ドサンコのポコ

画像

先日古い家を片付けに行ったのです。
お宝は何か残っていないかなあ~?
なんにも見つからなかったのですが、額に入ったこんな写真を見つけました。

ポコという名前のドサンコです。
ポコ夫(あれ!同じ名前だった!)の両親は戦後開拓で入植して乳牛の牧場を営んでいました。
当時は開墾するのも農馬を使って田畑を切り開き耕したそうです。
そして運搬の手段として丈夫で働きもののドサンコを手に入れて牛乳運搬や、後には幼稚園の送迎馬車も頼まれてしたそうです。
そのドサンコ、ポコの写真です。

昭和27年生まれです。
写真は昭和48年8月に写す、となっていますのですでに21歳。
ポコ夫とほぼ同じ年の生まれの馬ですが馬としては高齢になってきています。
その後、トラックが普及し我が家でも使うようにもなり、馬は使役を引退し1年ぐらいは家族として過ごしていましたが、昭和50年、欲しいという方がいたので離した、ということです。
(病院通いに馬に乗って行きたいというお爺さんに引き取られたとか)

昭和40年代までまだ、こういった馬が田舎では運搬や農耕に使われていたのですね。

血統書も一緒に飾られていました。
画像


日高で生まれたドサンコです。
今、我が家にいるドサンコのギンガよりは少し大きいように思いますが似ていますね。

このドサンコのポコは働きものの頭のよい馬だったそうで、牛乳運搬に行った帰り道、どうも一杯が2杯、3杯となってしまう酒好きの義父を置いて、1人で馬車を引いて家まで帰ってきた、ということがたびたびあったようです。

日本の在来馬は北海道のドサンコ、長野県の木曽馬、愛媛県の野間馬、長崎県の対州馬、宮崎県の御崎馬、鹿児島県のトカラ馬、沖縄のトカラ馬、与名那国馬がいます。
どれも機械や車の無い時代に農耕や運搬に、と人とともに働いてきた馬たちです。
彼らも時代の流れとともにその仕事がなくなり生きていくすべがなくなってしまいました。

木曽馬も一時は絶滅の危機に瀕していましたが保存会ができ長野県の天然記念物にも指定され現在は木曽馬牧場などで200頭ぐらいまで増えているようです。
トースケさんのブログで、そんな木曽馬が紹介されていましたよ。)

利益や効率重視の経済のしくみと、機械化、電子化で仕事を失っている現代社会の人間。
在来馬のようにリストラされて絶滅?
そんなことにならないように、考えていかなければなりませんね。

"ドサンコのポコ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント