故郷へ

馬たちが、新牧場へ移動して1か月。
その間にもアクシデントが数回あったものの、なんとか馬たちと若夫婦の頑張りで切りぬけ いよいよ、私たちも新居へ引っ越すことになりました。

新牧場(一関厩舎)といっても、もとの古巣に戻るだけなのです。
諸事情が重なり平成5年に花泉牧場へ移動しました。
ここはかつて競走馬育成組合の施設として造られた牧場でしたが、その後個人の手に移り紆余曲折があって私たちが入ることになったのでした。

一関厩舎と花泉厩舎の両方で競走馬を受け入れるぐらいのバブル期もありましたが、そんな時代は数年で去り、岩手競馬も存続が危ぶまれる時代になりました。
競走馬は激減、ポコ夫の落馬事故、等々牧場を続けていけるかどうかという時もあり、しかし いろんなご縁から養老馬の預託を続けることができ現在にいたる、という23年間でした。

大学から岩手を離れていた娘が、伴侶を連れて帰ってきて3年、本拠地である一関の土地で彼らの描く夢を実現したいということ、ここの牧場の周辺開発(メガソーラー)の関連する様々な問題、等々があって、今回の引っ越しとなりました。

23年前、いつか戻る事が有るだろうか?と思っていた土地。
先代が戦後、馬で山を切り開いた土地でこれからは3代目である若夫婦が新たな歴史を作っていくことと思います。

23年、その間に子供たちも成人し、色々な方がたとの出会いもあり、多くの馬たちとの時間があり・・・ いろんな思い出深い時間を過ごした牧場。
感謝です。

花泉での馬っこたちの最後の写真。
このメンバーで、また一関の牧場でいっぱい思い出作ろうね!
もちろん、新たなメンバーも大歓迎ですよ~

心配の種は尽きないけどいつもポーカーフェイスのリック君
画像



くいしんぼうアビ君
画像



ガリバー君
画像



リンゴさんとスモモさん
画像



驚異の頑張り屋さん、マリー。
画像



復活して絶好調! シュルトンじじ様。
画像



ますます偏屈ぶりを発揮するオリエントラン君
画像



31年前に産まれた故郷へ戻るフラッパー
画像



ギンガとダイヤ
画像



凛ちゃん。馬車がんばってね~!
画像



また乗馬会頼みますよ、ユキちゃん。
画像



というわけで、しばらくネット環境も不通となるかと思います。
落ち着きましたら、また!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック