今朝の一大事とガソリン

画像
(もう腹痛を起さないでね、リアニー)


朝ご飯の準備をしていたら、馬屋の飼桶を外しに言っていたカズ馬がリアニーが飼葉を残し、ゴロンゴロンしている!と報告に来た。

疝痛だ!
飼葉を付けるときにはいつもと変わらず、早く食べたい!と元気いっぱいだったのに・・・
すぐに外に出して歩かせる。
表情はさほど厳しくはみえないのだが、すぐに寝ようとする。
今朝はボタ雪が積もっていた。
もうすでに融けてはいたが馬場はぐちゃぐちゃである。
その馬場で何回も寝て泥だらけになった。

ポコ夫が獣医先生に電話したら来て下さるとの事。それまでがんばって歩かせる。
マサノリ君も来た。
彼もガソリンがなくて先週金曜日から来られないでいた。
泊まってでも、と言っていたのだが、彼も本当は今月末に結婚を控えていてその準備もあったので休んでいたのだ。
やっとガソリンが少し手に入って今日来たのだ。
彼も地震のお陰で楽しい新婚生活の予定が狂っている。

曳き馬をして一時間あまり。
先生到着。
痛み止めの注射をし、胃注で投薬、また曳き馬・・・
腸が動き出した。一安心である。

先生も来る分のガソリンしかなく、それでも来て下さったのだ。
幸い我家の牧場内だけの運搬に使っている軽トラックに数リットルのガソリンが入っていたのでそれを先生の車へ給油した。

本当に緊急事態にガソリンがなくて手遅れになってしまうところであった。
貴重なガソリンを使って来て下さった老獣医先生はそれでもガソリンをもらったから、と往診料も取らないで帰られた。本当にありがたいことである。

被害の少ない地域ではガソリンがあれば仕事に行ける人たちがいっぱいいるのに、ガソリンがないが為に動きが取れないでいる。これでは経済活動がストップしてしまう。
農家でもそろそろ畑や田んぼの準備をする時期である。
ガソリンがなければ耕運機も使えない。農作業ができない。
一刻も早くガソリンの供給を!


馬たちはドロンコで日向ぼっこです。
画像
ドロンコのスモモ


画像
ドロンコのガリバー


水が来たので手入れもできるようになりました。
冬毛がバサバサ抜けます。
画像
ブラッシング、シロ

泥をおとしてすっきり!
画像
きれいになったでしょ!リンゴ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

おかう~ま。
2011年03月23日 21:31
ここ数日肉体的にも精神的にもなんだか疲れています。でもドロあびを楽しんだ馬達をみたらその
様子が想像できて癒されまし。あぁー馬の匂いを
かぎたい。あぁお風呂。ついぼやいてしまいました。すみません。
フィ
2011年03月24日 20:32
リアニーちゃん、一安心で良かったですね。パカ子さん、そろそろお疲れが出てくるのでは・・・お体、大切にしてくださいね。シロちゃん!に、触ってみたいなぁ~などと、写真を見ています。
パカ子
2011年03月24日 21:10
おかう~ま。さん、さぞお疲れのことでしょう。我家は先週でとりあえず水、電気の不便からは抜け出しましたが、相変わらずの余震にも落ち着かないし心身ともに疲れますね。
我家は屋外のガス給湯器の水抜きを忘れお風呂の‘追い炊き’しかできなくなりました。ものすごく沸かすのに時間がかかるので毎日は沸かせません。
早くお風呂には入れればいいですね。
そして洗濯ができればバンザイです。
もう少しの辛抱、がんばってください!

フィさん、馬たちもストレスを感じているのかもしれませんね。昨日は正直疲れました。
でも、元気になって一安心。
人も動物も健康が一番ですね。
シロちゃん、春バージョンに衣替え中です。
けっこう猫っ毛で柔らかい毛ですよ。
ふぁるこ
2011年03月24日 21:52
何事もなかったような綺麗な青空が写っていますね。
みんなもスッキリ気持ち良さそうな顔をしています。やっぱり動物って心が和みますね…。
パカ子さん、お疲れがでる頃だと思いますがあまり無理をなさらないように。

リアニーちゃん、もうお腹が痛くならないよう私からも絵馬にお願いしておきますね。
とばちゃん
2011年03月25日 21:45
リアニー君、元気になってよかった!
今朝の一大事、はらはらしながら読みました。
余震の中のパカ子さんの奮闘・・・時々力を抜いて気力、体力をいたわって下さい。
機械小僧
2011年03月26日 10:15
ご無事でなりよりでした。私はあの日南三陸町の知人にガソリン、軽油、灯油、を4リッターずつ届けて来た帰りでした。ガソリンは、こちらでもまだ手に入りません↓実際被災地入りして来ましたが、当たり前の事が全く当たり前じゃありませんでした↓電気は、発電機で、水道は、タンクで、運び、ガスは、散乱した木材を燃やして火を起こしていました。津波は、最終地点で約4キロのありとあらゆる物を持ち去っていました…。建物など23残っているだけで、津波は、恐ろしいです…。
馬の腹痛もうならないで欲しいですねっ(^o^)/もしかすると地震によるストレスや沢水が原因なのでしょうか?動物はデリケートなので、管理が大変ですよね↓お互い頑張って行きましょう(^o^)/
パカ子
2011年03月26日 17:30
ふぁるこさん、そう静かな穏やかな牧場にいると何事もなかったような、全て夢ではないか?と思ってしまいます。でも国道に出てみると日に日に大きくなる舗装の亀裂に愕然とします。ここ数日毎朝雪、例年なら桜の開花なんかが話題になる頃。馬たちも体調崩しやすいのかもしれません。
せめて早く暖かい春の日差しになってほしいです。

とばちゃん、いくらか回数は減ったような気がしますが、まだ余震にしては大きなのもあって嫌になります。大阪でも例年より寒い日が続いているような。気がめいっている時は人も体調管理が大切ですね。
とばちゃんもお大事に!

機械小僧さん、せっかく来ていただいたのに、あの日2回目の取り込み中で、お話もできずに残念でした。
被災地に行かれたのですね。ブログで写真見ました。実際に目の当たりにされた衝撃はすごいでしょうね。
機械小僧さんのところの牛たちは元気ですか?飼料も不足ではありませんか?
これからも様々な問題が出てきますが、ガンバ!ですね。
ありがとう!

機械小僧
2011年03月27日 08:34
こちらの牛は、大丈夫です。飼料はストックがいくらかあるだけで、なるべくサイレージラップ、藁、乾燥を食べさせています。ポコ氏さんともお話をしたのですが、本当に苦労しているのは、庭鳥や豚ですね↓草食が可能である家畜は、まだ良い方と考えます。しかし乳牛は、食べさせるだけでは無く、乳を絞らなければ乳房炎になって死んでしまうそうです。少数なら手絞りで何とかなりますが、何百といる所では大変苦労していると思います↓和牛の肥育も実は、主食が飼料と藁だけなので、苦労していると聞きます。被災地では、乳牛の維持に300タンクで水を何度も運び、手で乳を絞り、捨てているのが現状だそうです…。
パカ子
2011年03月27日 21:26
機械小僧さん、豚や鳥の話は飼料屋さんでも聞きました。もう処分するしかない、と・・・
なんとかできないものか。
一生懸命育ててきた方々のことを思うと胸がつまります。

この記事へのトラックバック