テーマ:震災

被災地で見かけた動物たち

29日に陸前高田~大船渡へ行く機会がありました。 沿岸地区はどこもかしこも復興工事が行われており、重機やダンプやらがいたるところで働いています。 そんな環境の中で見かけた動物たちです。 国道340号線から山越して陸前高田市内へ入ろうというところで、カモシカの親子を発見! 最初に見たときにはすっかり道路際まで下りてきて、まさに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれから6年。

6月14日は今年のチャグチャグ゙馬コが行われた日でもありますが、6年前のこの日、岩手・宮城大震災が起こった日でもあります。 2008年6月14日、午前8時43分に起こったこの地震では最大震度6強、一関市内では5強の揺れを感じ、栗駒山への入り口に架かる祭畤大橋が崩落、宮城県側の栗駒山の麓の温泉が土石流で流されるといった大きな被害があ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

牡蠣小屋

昨年初めて気仙沼の唐桑半島に再開された牡蠣小屋へ行きましたが、そのあまりの美味しさを忘れらなくて今年もまた牡蠣小屋に行ってきました。 1人前で牡蠣10個、ホタテ2個で1500円。 8名で行ったので牡蠣80個、ホタテ16個なり! 蒸しあがって、オ~プン! 豪快な牡蠣の山を記念撮影する娘夫婦を尻目に、湯気に隠れてもうすで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ほっこり

青森県黒石市にある津軽こけし館から、心待ちにしていたチビッ子こけしちゃんが届きました。 これはこけし館が被災地支援プロジェクトとして企画したもので 津軽のこけし工人さんたちが作ったこけしの売り上げの一部を避難所で生活している方々の活動資金として寄付するとともに、そのこけしの絵付けをしてもらおうという企画でした。 寄付自体よりも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ほっこりプロジェクト

青森で仕事をしていた娘ですが、3年間の仕事に一区切りをつけ、人生のパートナー&馬車のパートナーと共に戻ってくることになりました。 娘たちより一足早く、馬車パートナーのお馬の凛ちゃんが先週引越してきました。 凛ちゃんは3年間、御者の初心者マークの娘たちと共に黒石温泉郷で観光馬車を曳いていました。 最近ではいろんな所のイベントにも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

唐桑番屋

牡蠣の蒸し焼き、出来上がりまでカウントダウン! 10、9,8,7・・・・・オープン~! 気仙沼市の唐桑半島にオープンした唐桑番屋に念願の牡蠣を食べにいきましたよ~ 松島や大船渡、山田などにも牡蠣小屋が再会されましたが3月はじめで営業終了していたのですが、唯一ここだけが5月5日まで土・日だけですが営業していました。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

気仙沼より

あの日から丸2年、鎮魂の祈りの日の朝は真っ白でした。 週末は15度近くあった気温も暴風とともに急降下、また雪を降らせたようです。 2年前も雪がちらつく寒い日だった・・・ あの日からの記憶を真っ白にすることはできないし、してはいけない、ですね。 牧場から車で1時間ほどで気仙沼に着きます。気仙沼への国道284号線は復…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祈願

毎年お正月には宮城県の東和町にある華足寺にお参りにいくことになっています。 もうかれこれ30年?ほど続いている我家の行事です。 華足寺は馬頭観音様が祭られており畜産関係、馬関係の方々に篤く信仰されています。 今年も2日に行きましたが、先に来てご祈祷を待っておられる方がいらっしゃいました。 そして我家の後からも1人来られて3件…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アイスの思い出

梅雨が明けたところもあり、連日猛暑記録が塗り替えられています。 こちらも雨上がりの月曜日は急激に気温もあがり、湿度もあったのでサウナのような蒸し暑さでした。 そんな暑いときにはアイスクリームやカキ氷が一番ですね! で、アイスというと昨年の震災の時を思い出すのです。 震災は3月11日、まだ雪もチラつくような寒い日々だったのです…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

我家の行楽

ゴールデンウィーク、我家ではすっかりお休みというのはできませんので、半ドン、飛び石連休みたいな感じでした。 しかし、お天気にはどこでも泣かされましたね。 泣かされたどころか今日はまた信じられないような竜巻の被害! もう本当になにかがおかしい。 こちらも強くはないけど、何回か地震はあるし、3~4日の雨では水の被害がでたところも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アモ~レ!

3.11が過ぎて、さあ、春ももうすぐ気分も新たにがんばろう~ という3月後半。 懐かしい人とお会いしたり、パワー溢れる若い方々を知る機会があったり、楽しい音楽を感じる機会が続いたり・・・ その逆に身内との突然の別れが訪れたり、アクシデントがあったり・・・ めまぐるしく変わる春の天気や地震も重なってどうも落ち着かなく、時間ばかり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祈り

悲しみを新たにした1年目の3.11 日本中の人々が祈った日。 翌日の新聞には各地の追悼の様子などを伝える記事で埋まっていました。 そしてページをめくると開いた2ページ一面に小さな小さな文字で埋め尽くされていました。 それは岩手県で亡くなった方々の名前でした。 思わず息がとまりました。 岩手県では4671人が亡くなり 12…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪解け.

月曜日に降った雪も、その下になっていた根雪も ここ2~3日の暖かさでほとんど融けてしまいました。 いよいよ春かな? 真っ白の世界から芽ぶきの緑の世界へ・・・とはいかず、まずその前に土色の世界。 それは馬っこも同じこと。 雪の上でなく雪解けのドロンコ遊びが始まって、馬たちも土色へ・・・・ こういうドロンコ集団が出現しま~…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

2011の終わりに、そして2012の始まりに。

お昼ね中のポコ夫の脚の間にスッポリとはまり込んで熟睡している猫のツクシ。 安心しきって眠っている猫の姿ほどかわいく、安らかで、平和を感じるものはありません。 今年、そんな安心できる場所を失った多くの方々がいました。 家、学校、職場、そして家族・・・家庭 そして少しずつまた安心できる場所を取り戻そうとがんばっておら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クリスマス馬車

寒い日が続いています。 日中も1℃ぐらい、いよいよ冬本番ですね。 こちらは雪はまだチラチラするぐらいですが・・・ 娘のいる青森はもうすっかり雪景色。 かなりの積雪のようです。 そんな青森県黒石温泉郷では娘たちと凛ちゃん、サンタに扮してのクリスマス馬車を運行しているようです。 こんな雪の中、被り物にすっかり慣れた凛ちゃ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

安心

土曜日は雨、日曜日は強風、そして今日、月曜もまだ強風が雪を連れて吹き荒れる一日でした。 お~~寒っ! 馬たちには寒いのかなあ? 休み明けなので馬場に入るや否や、みんな雨でぬかるんでいる馬場にごろんごろん、寒さは平気のようです。 もう12月ですね。 早い、早い。 最近また毎朝、地震で目が覚めることが多いです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

願うこと

(霧の朝・・・霧が晴れたら・・・暑い日がはじまる) 3月11日から5ヶ月。 相変わらず毎日全国各地で揺れています。 毎日ネットの地震情報を見る習慣がついてしまいました。 震災後初めて迎えるお盆、岩手のテレビでは毎日被災地や県内各地で犠牲になった方々を供養するお盆の様子を伝えていました。 地震のこと、津波のこと、原発…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

職場体験、将来の仕事は?

先週末から月曜日までの猛暑から一転、今日は肌寒い一日でした。 極端すぎますよね。 35度から急降下の22度! 涼しくてほっとしたけれど暑さに慣れようとした身体には寒く感じます。 ついて行けないですね~ みなさんもくれぐれも体調管理に気をつけてください。 馬っこたちも今週から早朝放牧になりました。 朝4時半からの放牧…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

越喜来(おきらい)訪問と津波注意報

先週カーラジオから大船渡市三陸町越喜来(おきらい)に子供達の遊び場を作っている方から遊び場に花を飾りたいのでプランターを持って来てくれる方いませんか~? という放送を耳にしました。 こういうことなら私でも協力できるかもしれないな、プランターを作るのも楽しいし・・・ とさっそく3個のプランターに花苗を植え付け準備しました。 そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今が旬

気仙沼港にカツオが水揚げされた、とニュースで見ました。 震災以来、待ちに待った船の入港、水揚げです。 港の人ならずともとっても嬉しいニュースです。 あの壊滅的な津波の被害から4ヶ月、一部分だけとはいえよく復旧されたものだと思います。 人の力はすごいなあ~、人の精神力はすごいなあ~ スーパーで見つけた生かつお! 『今が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

抜けちゃった!

飼い桶を片付けていたら、なにやらカランコロンと音がしました。 時々飼料の中にまぎれている小さい石ころかな? と思ったら、こんなものが出てきました。 少し上から見た所です。  真横から見た所。 おそらくこういう向きで付いていたはず・・・ お解りですか? 馬の下の前歯です。 これはちょっと驚き! 奥…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

この目で・・・大船渡・陸前高田

25日に大船渡に行ってきた。 昨年、造園工事をした方の所だ。(パカ子は造園関係の勤めもしているもので・・・) お宅は大船渡市内から車で20分弱、綾里湾の近くである。 三陸道を大船渡で降りて市内に入ってすぐは津波の被害も見えなかったのだが、湾岸を走る道路に出たとたんに光景が一変した。 道路沿いの家屋はほとんど壊滅状態。 赤崎中学…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

グーグルマップ

近くの製材所の場所をグーグルの地図で探していました。 ついでに我家も・・・と航空写真で探してみたら、なんとつい最近撮られた写真に更新されていました。 3.11の震災の状況を撮る為に新たに撮られたものなのでしょう。 以前のものより格段に精度が上がっており、ものすごくアップで見られます。 びっくりです。 アッ!  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どうしただろう・・・

(一枝だけ咲いてきた桜です。) 第日曜日の今日は乗馬会の予定でしたが、先週の天気予報では土、日は雨、しかもかなり荒れる、という。 ずっと寒い曇り空が続いていたし、地震も弱いものだが復活の兆し?でどうも気乗りもせず・・・ で、来週の日曜日ならゴールデンウィーク初日だし、まだ咲かない我家の桜も見ごろになっているだろう、そう…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

再び悪夢

7日の午後11時32分ごろ、もう就寝中だったが、強い揺れに飛び起きた。 3月11日の地震が蘇るような揺れ、思わず声を上げる。 幸い11日よりは短い時間で揺れは治まった。 しかし停電になっていた。 懐中電灯を持って馬たちを見に行く。 馬たちは静かにしていたが、暗がりの中の懐中電灯の光にビクついた。 みんな無事。 立て…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

戻りつつある日常ですが・・・

少し春らしい日がやってきました。 春の日差しに気持ちよくうたたね中のギンガです。 こういう光景を見ているとしばし地震の事を忘れます。 ガソリンの供給も落ち着いてきた為か、今日(3日)は馬の堆肥を取りに来る方も3名いました。 ‘何かしなくては前に進めないものね。’ みんなまだ地震や今後の生計など不安を抱えなが…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

こけしの心

ちっちゃなこけしが我家にやってきました。 身長(?)5cm足らずの個性豊かなかわいこちゃん2人。 この子たちは青森県黒石市にある津軽こけし館が企画したチャリティこけしです。 震災の復興とこの震災で直接被害はないものの客足が遠のいたこけし工人さんの生活の安定、しいては地域の活性化という使命を命じられています。 以下はこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2週間前

(地震当日の夜。ランタンの明かりの中での食事は朝炊いたご飯のおにぎりとすいとん入りのお汁。) 2週間前の3月11日、午後2時45分に起きた大地震ではその直後から停電になりました。 私は出先で地震に遭いましたが、あまりの強さにもしかしたら家の薪ストーブが転倒でもして火事になっているのではないか? と不安ですぐに車で家に帰りまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今朝の一大事とガソリン

(もう腹痛を起さないでね、リアニー) 朝ご飯の準備をしていたら、馬屋の飼桶を外しに言っていたカズ馬がリアニーが飼葉を残し、ゴロンゴロンしている!と報告に来た。 疝痛だ! 飼葉を付けるときにはいつもと変わらず、早く食べたい!と元気いっぱいだったのに・・・ すぐに外に出して歩かせる。 表情はさほど厳しくはみえないのだが…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

1週間がたって

大震災から1週間がたった。 我家は築35年ほどたっているが重量鉄骨の厩舎なので地震には強かった。 直接の被害は小さなダンボール一個分ぐらいの壊れた食器類だけであった。 人の食料も水も我家で仕事をしてくれているマサノリ君が被害のなかった自宅から調達してくれた。 冷蔵庫の中の食料は厩舎裏の残り雪の中に貯蔵した。 馬たち…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more