お礼状

画像


先日、地元中学生たちが牧場の仕事を3日間体験学習していきました。
(職場体験学習ではなく正しくは、社会体験学習でした。)
そのお礼状が届きました。

拝啓・・・ではじまる大変しっかりした、そして素直な感想が綴られた礼状が丁寧な字で綴られていました。
9名のこども達はそれぞれに暑い中、力仕事や汚れ仕事を初対面の大人たちとやった体験、大きな馬という動物を間近で見て、触って、そして乗ってみた体験、けっこう新鮮に感じてくれたようです。

特にこちらでは礼儀がどうとかいう指導はしなかったのですが、社会生活をするうえでの礼儀の大切さや、人や動物とでもコミュニケーションをとることの大切さ、そして命を守っていく仕事の大切さを感じてくれていました。
農業もいいかも・・・・こういう仕事もいいかも・・・と思ってくれた子もいました。

最後の日の体験乗馬の後では自分の意思が馬に通じて動いてくれた嬉しさから馬への感謝の気持ちを込めて手入れができました・・・と綴ってくれていました。

期間中、夏負けで食欲がなくなった養老馬の治療や休養中の競走馬の治療に来られた獣医さんの仕事も見ることが出来た子供たちです。 点滴の補液を吊るす道具(竹さおですが 笑) を持たされて腕が震えてしまった子もおりました~ そんな体験からも命の大切さ、物言わぬ動物たちの命を守る為に相手に気配り、目配りをしなければならない事を学んでくれた事と思います。

こちらもこども達からいろいろと刺激をもらい、楽しい3日間でした。


さて、手紙には‘暑さの続く中、皆さまお体に気をつけてお過ごしください・・・・・と締めくくられておりましたが・・・・
この体験学習の後、(7月10日~) 雨続きなのです。

連日ニュースでは関東、西日本の猛暑の話題ですが、申し訳ないぐらいにここ東北では涼しいのです。
朝晩は長袖を羽織るくらいです。
今日は22度ぐらいしか気温があがりませんでした。

これは6月の暑さで夏バテしていた高齢の養老馬にとっては救いでした。
高齢馬数頭は暑さやちょっとした体の不具合、(脚が痛かったり、蹄が痛かったりとか) から食が細くなってしまいます。 そうなると人ならば無理しても食べさせたり、様々の食べやすいものを自分で選んだりしますが動物となると簡単にはいきません。 少しでも食べるものを工夫したりするのですが、食べないとなれば食べない・・・・悲しくなります。
あのままカラ梅雨で猛暑になっていたら、かなりきつい状況になっていた馬もいました。
獣医さんの処方で投薬やサプリメントを与えつつ、だいぶ天候にも救われて回復してきました。

でもあまりにも涼しいのでこの後、急に暑くなったら・・・・また、心配ですね。
人も、馬も植物も、全ての生き物の為にも穏やかな夏になってほしいと切に願っています。


雨上がりはみんなドロンコ。
画像





仲良しはいつもいっしょ。マリーとガリバー
中学生たちもみんな仲よくだよ~
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

おかう~ま。
2013年07月23日 14:15
 あら~つい数年前までは職場体験だったのに
いつの間に・・ですよね。
涼しい日が1日でも長く続いて欲しい・・(願)
パカ子
2013年07月23日 21:41
おかう~ま。さん、たぶん中学生はまだ進路も具体的でないのでとりあえず大人社会を体験しようということで‘社会体験学習’なのだと思います。 数年前に受け入れた高校生は‘職場体験’だったと思います。
中学生と高校生では精神的にも身体的にも格段の違いがありますね。中学生はまだなんといっても子供、かわいかったです。
まだもう少し涼しそうですね。日照不足が農家の人は心配でしょうが、このままだと助かりますよね。

この記事へのトラックバック