唐桑番屋

牡蠣の蒸し焼き、出来上がりまでカウントダウン! 10、9,8,7・・・・・オープン~!



気仙沼市の唐桑半島にオープンした唐桑番屋に念願の牡蠣を食べにいきましたよ~
松島や大船渡、山田などにも牡蠣小屋が再会されましたが3月はじめで営業終了していたのですが、唯一ここだけが5月5日まで土・日だけですが営業していました。

1500円で牡蠣15個、または10個プラスホタテ2個です。
これで5人分、牡蠣50個~
画像



ゴム手袋と牡蠣を開ける道具が用意されています。
牡蠣の剥き方を教わって牡蠣ガラを開けると・・・こ~んなに大きなプリップリッの牡蠣が現れます~
海の塩味と牡蠣の甘み、最高に美味しいです!
画像



ホタテもこの大きさ!
ご飯も頼んで、即席の牡蠣・ホタテ丼の出来上がり~
本当に美味しいです。 大満足、大満腹でした。
画像



小屋の壁には復興に尽力されたボランティアさんたちのメッセージが書き残され、また美味しい牡蠣を食べていかれた方々のメッセージがホタテの殻に書かれていました。
私たちも絶対また来るからね~
画像



唐桑地区復興支援活動のHP

2年が経ってプレハブの商店があちこちで営業され始めていました。
浜でも養殖いかだが見られ、こんな立派な牡蠣に育っていました。
破壊的な自然の力にも負けない偉大な人の力、つよい心を感じました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

とばちゃん
2013年03月14日 23:01
牡蠣の香りと湯気がパソコン画面から飛び出しそうです! 豪快ですね。
復興は海の幸、山の幸から。
のらじ
2013年03月15日 07:33
被災地には
超巨大な防波堤が
作られる予定だとが…

そんな物を作ったら
自然の恵みにも大きな影響が
あるだろうと思います。

そんな景観の場所に住むのも
心苦しく暗くなりそうです。
みなさん海が大スキ
なんですもんね。

光あれば、闇あり。
良いこともあれば、
悪いこともある。

津波はこわいですが、
安全と引き換えにするには
代償が大きいと思います。

だいたい、そんな防波堤が
あんな地震や津波に勝てると
まだ考えてるところが、
間違っていると思います。

未来のことを考えられるのは
未来を生きる人たちだけ。

高齢者に自分の死後の事を
本当に真剣に考えることが
できるものなのか。
この防波堤が良い例ですね。
パカ子
2013年03月15日 15:14
とばちゃん、最高に美味しかったですよ!
なんの味付けもいりません。どうぞ一度味わってください~


のらじさん、これから港や町をどう造っていくか、大きな問題ですね。気仙沼でも6mだとかの防波堤を作る案もあるそうですが港で働く人々にとっては港としての機能が心配されています。
何を第一に考えるか?
いろいろな発想が必要だと思います。
でも時間に余裕のないのも事実。
あまりにも甚大すぎるのです。

待っていられない人たちはもう自分たちでできること動き始めています。この番屋の隣にも波が打ちよせるような場所に新たな建物が建設中でした。防波堤もなにもありません。
でも、やるしかない! という人々がいます。
すごいです。

この記事へのトラックバック