ブルー

今日は雲ひとつない快晴!
雪の白さに青空がまぶしい日でした。

そんな朝に気持ちよく駈けているマリーです。
青空が映ってなくて残念!

画像



テンション高いマリー、馬が馬に馬乗り!???
ではなく・・・・こちらも気持ちよく雪浴びして雪の中に倒れているホマレ君とかぶっちゃったんです・・・ 

画像



あ~気持ちよかった!
画像




青空ブルーでテンション高い馬っこたちですが、犬のメルは気分がブルー 
というのも21日に避妊手術を受け昨日退院してきたばっかりなのです。
9ヶ月になったメル。人間に換算すると12歳ぐらいだそうでそろそろ大人の仲間入り。
獣医さんや看護師さんにも人懐っこくて面白い仔だねえ、と言われてきました。
早く元気にな~れ!
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

のらじ
2013年01月24日 18:43
大変そうに聞こえるけど、
メルちゃんの避妊手術は
うらやましい限りです。

だって生理がなければ
女性はかなり解放される。
もう無敵に近いでしょう。笑

人間も避妊手術できれば
いいのになぁ~~~~~
パカ子
2013年01月26日 21:46
のらじさん、たしかに煩わしいものではありますが、唯一生命を生み出せる女性にその体を大事にしなさいよ~という神様からのメッセージなのだと思いますよ。 卒業じた身からは懐かしく、またもう命を宿す事がことができない寂しさを感じます。
ユキのお母さん
2013年02月01日 15:16
お久しぶりです。突然ですが、避妊の話です。職業柄、年寄りの身体に興味をもっているものですから、聞いてください。現在80才代の方たちはみなさん子供さんが少ないと不思議に思っておりました、それ以前の生きていれば100才以上位の人は子供が10人という人はざらだったのに。これが長年の謎でした。最近分かったことなのですが、
戦争をしているときは、兵隊にとるために産めよ増やせよとしておきながら、戦争に負けて食糧難になると今度は避妊手術を国策としてやったのだとききました。だからお年寄りの下腹部中心にはみなさん大きな傷跡があります。食べるものに困った時代、喜んで受ける人の方が多かったと聞きましたが、国策だったとは、何ともすごい時代です。
・・・・何とも。





パカ子
2013年02月02日 21:54
ユキのお母さん、そんな時代があったんですか! 国策で生む自由が奪われる。私の友人は田舎の跡取り息子さんと結婚しましたが、長女はが生まれ、2度目の妊娠の時双子でしかも女の子だったためもうこれ以上女はいらない! と帝王出産の時に避妊手術をさせられてしまった、という人がいました。嘘でしょ~とびっくりしましたが嫁ぎ先の意向だったようです。
今は? 子供の減少でまた産めよ~という国策なのでしょうか・・・



この記事へのトラックバック