祈願

毎年お正月には宮城県の東和町にある華足寺にお参りにいくことになっています。
もうかれこれ30年?ほど続いている我家の行事です。
華足寺は馬頭観音様が祭られており畜産関係、馬関係の方々に篤く信仰されています。

今年も2日に行きましたが、先に来てご祈祷を待っておられる方がいらっしゃいました。
そして我家の後からも1人来られて3件いっしょにご祈祷してもらうことになりました。

ご祈祷の中でそれぞれの祈願するところを述べるところがあります。
我家はもちろん家内安全、厩舎安全、競馬・乗馬安全 etc・・・所願成就、
先に来ておられた方は宮城県女川で畜産をなさっている方らしく、家内安全、畜舎安全、etc・・・そして震災復興。

そうなのです、震災復興。

私もそれを願わない日はないのではありますが、こういう場でそれを祈願することを思いつかなかった・・・・・
自分たちの事しか頭に浮かばなかった。

女川の方たちにとっては本当に日常の中に重くのしかかっている課題なのです。

私たちにもまだまだ震災や原発の影響が残ってはいるものの日常生活ではほぼ元通りになっている今、人ごとになりつつある、と気づき、深く反省。
改めて震災復興を願い、何をしていけるか考えなくてはと思いを深くしました。




本殿には数多くの古い絵馬やら、写真が奉納されています。
過去の記事は  華足寺の絵馬

         華足寺の奉納写真
今年の華足寺の絵馬紹介は・・・・(画像が悪くてすみません)

明治42年とありますが、マンガチックでかわいい絵馬ですよね。
豪州産の母馬から生れた仔というようなことが書いてあるから、西洋風の絵?なのかな?
品種改良が盛んに行なわれていた時代なのでしょう。

画像



普通の絵馬はこういう勇ましいものが多いですよね。
画像




途中で立ち寄った食堂で、B級グルメで売り出し中!
登米の油ふ丼 と ひっつみ(すいとん) 
地域起こしも復興への一つの道。
がんばろう! 東北
画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ヒロ
2013年01月08日 13:35
祈願!わたしも元旦に犬連れで近くの神社に行って来ました!お願いしたいことがいっぱいで神様には申し訳ないくらいです(笑)

そうですね!その時に震災復興は心の中でお願いしていないのが悔やまれます(>_<)
震災復興を第一に考えて東北を応援します!
B級グルメ!おいしそうですね♪
スーパーでも、東北のもの買ってますよ~^^;

のらじ
2013年01月08日 21:08
華足寺、行ってみたいなぁ~
おみくじあるんでしょうか?
お寺さんだからないのかな?

先日、
浅草寺では入場規制で
おまいりできず、
おみくじだけ引いて
帰ってきたのですが、
結果は、吉でした。

本日、川崎大師では、
結果は、大吉でした。

こいつぁ~
春から縁起がいいやぁ~♪
パカ子
2013年01月08日 21:12
ヒロさん、今年もよろしく! 
祈る、ということは大事なことだと思いますね。みんなの祈りが一つになれば大きな力となって何かが動き出します、きっと!
油ふ、って解りますか? 美味しいものがいっぱいある東北、応援してくださいね~
パカ子
2013年01月08日 21:18
のらじさん、おみくじ大吉でよかったですね~
華足寺にもおみくじはありましたよ。
家族経営(?)のお寺でおばあちゃんとか娘さんとかがいつもおもてなししてくださいます。
御餅なんかいただいてきたりして。
古い絵馬はじっくり見学する価値ありです。
入場規制なんて無縁のところです~。
とばちゃん
2013年01月08日 23:09
正月は近くの八幡さんへ初詣にいきました。
夕方だったので人も少なく、ゆっくりとお参りできました。おみくじを引いたところ小吉でした。
信心は少ない方ですが、なんとなくほっとします。

関西人からみると震災後の東北の人たちの落ち着いた
粘り強さは、日本人の誇りだと思います。
パカ子
2013年01月09日 21:54
とばちゃん、大阪は神社、氏神さんが多いような気がします。今の牧場のある集落には神仏いっしょにお祭りしてある地蔵尊と呼ばれているお社があります。 
一関にも沿岸から来た方々が多くおられますが、また沿岸に戻りたいと言う方、内陸で生きていこうとしている方、みなさん諸事情がありまだまだ悩み続けています。寒い冬を乗り越えていくようにみんなで乗り越え進んでいけるように、と願っています。
あけなみ
2013年01月11日 08:16
栃木県宇都宮郊外の勤務先はいまも地震避難中の暫定建屋です 震災の復興で関東周辺の業者さんも被害地域にずっと行ってらしたみたいで、半年くらい前から会社の建屋もようやく修理や取り壊しが始まりました
でもそういう暫定建屋での仕事も1年半を過ぎると慣れてきて普通に感じてしまいます 慣れってこわい しかし本当に我が家を無くし、家族を無くされた方々には今も日々深刻なことなんですねー こんなボクにも出来ることは何か無いのか、探してみます
パカ子
2013年01月12日 21:58
あけなみさん、そうでしたね、天井が落ちてたいへんだったんでしたね。
今、人手不足、資材不足が問題です。でも人手不足だけど求人、仕事は年が明けてからぐっと減ったとも聞きます。
沿岸地域ではこれから大量に必要になる建設資材が品不足から高騰しているらしいです。
いろんなことが影響しあって先が読めません。

被災されてこちらに来られている方はまだまだ精神的にも癒えていないことを感じます。
何時どこで自分が当事者になるかもわからない時代、みんなで支えあうことが大事だと思いますが、さて自分にできる事、私も小さなことからでも続けていきたいと思います。

この記事へのトラックバック