職場体験、将来の仕事は?

先週末から月曜日までの猛暑から一転、今日は肌寒い一日でした。
極端すぎますよね。
35度から急降下の22度!

涼しくてほっとしたけれど暑さに慣れようとした身体には寒く感じます。
ついて行けないですね~
みなさんもくれぐれも体調管理に気をつけてください。

馬っこたちも今週から早朝放牧になりました。
朝4時半からの放牧です。
今日はひんやりした空気の中、馬たちも生気を取り戻したようです。

急にみんな一斉に同じ方向に歩きだしたよ!
何かの気配がするのかな?
画像


一回り大きいホマレ君を取り巻く熟女たち。
ホマレ君のモテモテぶりは相変わらずです。
画像



先月末ですが、地元高校生の職場体験学習ということで2年生の男子を2日間お預りしました。
物静かなおとなしい感じのひかる君。
なぜ、我家のような所を実習先に選んだのか?
実は小学生の時、我家に体験乗馬に来た事があったのだそうです。
今も年に3回ほど乗馬にくる‘はずみの里’という子供達の余暇活動をサポートするクラブに入っていたのだそうです。
そして彼の家は酪農をやっておられるそうで、品評会などで優秀な成績を上げる牛を飼育されている、と飼料屋さんから聞きました。

2日間だけでしたが、ポニーたちの手入れをしたり、厩舎の清掃、草刈の手伝いなど、まじめにやってくれました。
画像


そんな彼から先日実習の御礼の手紙が送られてきました。

『実習で人間が動物の気持ちを察する事が大切であることや、馬にも性格があり馬の性格を見極めて接する事の大切さなどを学ぶ事ができました』

とありました。うれしい感想です。
まだ家の手伝いなどはあまりしていないようでしたが、農業大学進学めざしているという彼。
専業で立派な牛を育てておられるご両親の姿をちゃんと見ていて将来は農業、酪農ということも考えているのでしょう。

そんな若者を不安にしてしまうようなニュースが出ました。
一関でもセシウム汚染の稲藁を食べた牛がいる・・・・

あの震災後振りまかれた放射性物質がやはり飛んできていたのです。
一生懸命いい牛を育てることに力を注いでいた酪農家は大打撃です。
彼のご両親も頭を抱えているのではないでしょうか。

稲藁だけの問題ではないでしょう。
我家の畑も夏野菜が収穫できるようになりました。
でもその土壌は???
無農薬でも放射能汚染?

このままでは農業も酪農も消滅してしまいます。
ひかる君はじめ若者が大事な一次産業を引きついでいけるように、一刻もはやく原発が終息し、汚染された環境が元に戻ることを祈らずにはいられません。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

のらじ
2011年07月22日 09:45
ウチのペットたちには、
もう水道水はあげていません。

私は水道水ですけどね。笑

体の小さなペットたちだから
ミネラルウォーターにして
あげられますけど、

これが馬なら大きくて大変。
ミネラルウォーター代だけでも
破産しそうですね。

野菜や果物なども産地を見て
原発事故が起きた直後から
九州産のものを買っています。
もう南の農家だけが頼りです。

あ、私は、どこの産地でも
バリバリ食べてますけどね。笑
とばちゃん
2011年07月23日 16:50
朝4時半はもう一眠りです。
ごくろうさまです。

ひかる君・・・久々の明るいニュ-ス、
後次ぎしてくれたらいいな。

原発はじわじわと後遺症が出てきそうです。経験がないだけに不安だらけです。
大阪も汚染牛肉が出回ったようですが、被災地の方の苦労とは比べものになりません。
パカ子
2011年07月24日 21:40
のらじさん、とばちゃん、見えない放射能汚染の問題は、本当に生産者の方達にとっては死活問題です。
安全なおいしいものを届けたいと思って頑張ってこられた方達はどこにこの憤りをもって行けばよいのでしょうか?
食べる者を選んだり、住む場所を変えられる人はいいですが、危険な場所かもしれないけれど住み続けるしかない人が大方です。私達も遠く離れているから大丈夫だろうなどと思っていましたが、身近な問題になってきました。
でも見えない、そしてすぐに影響がでるものでない、そして知識が乏しく、具体的な情報、対策がなんにも提示されていないので漠然とした不安だけがつのります。

神経質になりすぎて体調を崩してもしかたないので、夏バテしないようがんばって食べます!

 
再び、のらじ
2011年07月25日 22:00
震災から、
精神的、肉体的な
ダメージはずんずんと
たまってると思います。

絶対に倒れるわけには
いかないですしね…

こんな言い方は
ほんとにしたくないけど、
あんまり考えずに
日々コツコツやらないと
もたないですよね。

近かったらね~~~
いつでもボランティアで
お手伝いに行けるのに…
掃除や飼付けぐらいなら
すぐできるのに。

国にとって大事な大事な
一次産業が、こんなに
ひどい状態だってことが、

いかにダメな政府が
日本をむしばんできたか、
火を見るより明らかな
証拠ですよね。

もう男だけにまかせといちゃ
ダメなんだと思いますけどね。
パカ子
2011年07月30日 18:23
のらじさん、ありがとうございます。
我家はまだいいですが、本当に畜産農家の方々、深刻な状態になってきました。
次々と各地で起こる自然災害、まだまだ試練が続きます。
みんなで心一つにして困難に立ち向かっていけるような指針を早く示してほしいですね。

この記事へのトラックバック