越喜来(おきらい)訪問と津波注意報

先週カーラジオから大船渡市三陸町越喜来(おきらい)に子供達の遊び場を作っている方から遊び場に花を飾りたいのでプランターを持って来てくれる方いませんか~?
という放送を耳にしました。
こういうことなら私でも協力できるかもしれないな、プランターを作るのも楽しいし・・・
とさっそく3個のプランターに花苗を植え付け準備しました。
そして今日7月10日 9時集合ということで、6時半に家を出発!
2時間半かかって到着。

山を超え浜にでたが津波ですべて持っていかれた浜の町の荒れ果てた姿。
どこだろう?

と交差点になにやら看板がある。
ここらしい。

画像


地元の建設業をしていた方が中心になって廃材などと利用して子供達が遊べるようにと広場をつくられたらしいです。

画像




他にも数名プランターを持ってきた方がいらっしゃってさっそく並べました。

画像


すこし和やかな雰囲気になったかなあ~
画像



子供達も土管を埋め込んだ築山に上ったりして遊び始めました。
これから10時にオープニングの会をするようでした。
竹で作られた流しそうめんをするらしいしかけもあったりして、きっと子供達の笑顔がいっぱいになるのだろうなあ、と思いました。
かつてはいっぱい商店があり人々の声がしただろう場所ですが、今は瓦礫だけ。
そこに子供達の声が聞こえたら、大人たちも明るい気分になれるかもしれません。
しかしそんな瓦礫の荒地の中につくられた広場、周りは危険な場所だらけ。
大人たちの目が届かないといけないなあ、とも感じました。

画像



入り口にあった看板です。
しかしこれがすぐさま現実のものになろうとは・・・
画像


私達は9時半過ぎに広場を後にしましたが、その後に地震があったのです。
車を走らせていたので解らなかったのですが、綾里(りょうり)で立ち寄ったところで町の放送が聞こえてきました。

‘津波注意報がでて避難勧告が出されたので高台へ避難してください!’

え~!
綾里の町も津波でやられた場所です。
カーラジオは雑音で聞こえないし、とりあえず近くの高台にある中学校?あたりに行こうと車を走らせました。
そこで広い範囲の地震があって津波注意報が出されていることが解りました。

あの広場の子供達はどうしたのだろうか?
みんなと避難したのだろうか?

港にあった防波堤は水門を残して壊れていたようでした。
たとえ小さな津波でも今は止めるものは何もないのです。
画像



画像


強固な堤防も積み木のようにひっくり返っていました。
右上に見えるのは三陸鉄道。
鉄道も津波にやられています。
画像



幸い津波は大船渡で10cm程度ということで私達は1時間ばかり待機したの後、帰途につきました。
しかし、まだまだ地震も続く中、危険な地域に住む方々は、どんなにか落ち着かない日々を過されていることか、実感したのでした。
安心して住める日はいつになるのか?

あの子供達が元気いっぱい安全な場所で遊べる日が早く来るように、国も本気でまとまってやってほしい。
国民はみんな自分にできることを考えてやっているのだから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック