抜けちゃった!

飼い桶を片付けていたら、なにやらカランコロンと音がしました。
時々飼料の中にまぎれている小さい石ころかな?
と思ったら、こんなものが出てきました。

少し上から見た所です。 
画像



真横から見た所。
おそらくこういう向きで付いていたはず・・・
画像


お解りですか?
馬の下の前歯です。
これはちょっと驚き!
奥歯は臼のような平べったい形で若い馬では乳歯が抜けて落ちていることがよくあります。
でも‘前歯’が抜けているのは初めてでした。
誰の歯かというと ポニーのダイヤでした。調べてみるとやはり右端の下前歯が抜けた跡がありました。

ダイヤはもう20歳を越したおばあさん。乳歯というわけはなく、どうも虫歯というか根元が悪くなっているように見受けられました。
主食はヘイキューブという干草を固めてペレット状にしたものなのですが、以前はこれを砕いたものを食べさせていました。しかし震災後、その加工する工場がだめになったということで大きなブロックも混じったものしか手に入らなくなりました。
水でふやかすのですが、結構硬いものもあって、そんな塊を噛んで折れてしまったのかなあ?
硬い方がよく咀嚼していい、という方もいらっしゃいます。
人間も子供には柔らかい物より硬い物を食べさせた方がいいともいいます。
それも一理あり。
でも人も動物も老化してきたらそれなりに対応しなくてはいけませんね。

ダイヤも前歯なので食べることには今の所支障はないようです。
奥歯でなくってよかった、よかった。


みんなひたすら食べる食べる。 
良く噛んで食べよう!
画像




震災から3ヶ月。
それぞれのあの時がありました。
生きる為に ‘食べる’ と言う事を真剣に考えた時でもあった様な気がします。
そしてまた原発問題で食べることの心配が続いています。
馬たちの草だって調べれば何がしかの数値がでるやもしれません。
心配ではあるけれど、食べさせてあげたい、
食べさせないわけにはいかない、
食べないわけにはいかない、
馬も人も・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

とばちゃん
2011年06月12日 23:41
地震で前歯が抜けた・・・笑えない現実ですね。
馬にも入れ歯とかはあるのかな・・・

大阪にも微量の放射能。
じわじわ広がる原発の影響は空からも地面からも。
明るいニュ-スが欲しい!
パカ子
2011年06月13日 21:26
とばちゃん、大阪でも放射能が到達していましたか!
本当に深刻な問題ですね。一刻も早く安心できる日が来て欲しいです。

馬の歯の治療は開口器で口をこじ開けてします。ヤスリで削ったりはしますが、入れ歯はねえ・・・たぶんないでしょうね。
今の所、私は入れ歯はないのですが、いつまでもつかなあ?
のらじ
2011年06月13日 22:10
牧場に
4歳のアラブ牝馬が
いたんですけど、
おっとりしたいい娘でね、

ある昼、その子の飼い桶にも
カラコロと歯がありました。

牧場長に報告したら、
口開けて歯見たか~って
いわれまして………

いまだにわかりません。
馬の口を開けさせて
歯をチェックするって
どうやってやるんだろ?

私は獣医でもないしさ、

まるでマンガみたいに
馬の口に手をかけて
上下にうんがぁ~って
力まかせに開けるわけにも
いかないですよね。

その上、顔つっこんで
中を見るって、
そりゃほんとにマンガだ。笑
パカ子
2011年06月14日 20:49
のらじさん、開口器、見た事ないですか?
獅子舞の口?みたいな金具で両側につっかえ棒になるボルトがついています。これを口にはめてだんだんボルトを伸ばしていって口をこじ開けます。
ジャッキみたいな、と言ったらいいでしょうか。
お馬さんにとってはかなり迷惑な道具であることは確か。 でも治療には欠かせませんよね。
PS.のらじ
2011年06月14日 22:23
ですよね、獣医さんは、
そんな器具を使いますよね。

でも、牧場には、
開口器どころか
な~んにもなかったんです。

もし開口器があっても
私は使い方を知らないし、

洗い場につなぐのも大変な
馴致中の馬たちに
開口器をつけるなんて
そりゃ至難のワザです~涙

牧場長もそんなことは
むろん承知の上ですから、

口開けて見たか~って
言葉は、

ほんとうに言葉のままに
そのまんま口を開けて見る
ってことなんですよね。

なのでほんとにやったら、
さらにマンガのように
口を開けた馬に噛まれるオチ
まであったろうと思います。笑
パカ子
2011年06月17日 12:52
のらじさん、タイムリーにばん馬の獣医さんのブログに開口器が載りましたね。
やあ~ゴルデンバージ君も前歯がなかったなんてびっくりです!
養老馬だった秀浪は前歯が磨り減ってかみ合わせができなくて草をちぎることができませんでした。

しかし馬の歯がとがってなくて本当によかった、と思います。だってとがってたら今頃あちこち肉を食いちぎらたり、指がなかったかも・・・のらじさんもそう思うでしょう?
再び、のらじ
2011年06月18日 10:13
ノーザンテーストだったかな

その父親が、
人間の指をくいちぎることで
有名だったらしいですね。

人間の頭蓋骨割りをしようと
することもあり、
放牧場から連れて帰るときに
立ち上がって、勢いつけて、
前足で頭を狙ったそうです。

全部わざとやっているので
そこがコワイところです。笑
笑いごとじゃないですよね。

競走馬として作られて、
命を粗末にされ続けた
人間への恨みつらみも、
種牡馬の血に凝縮されて
いるのかも知れませんね。

やっぱりギャンブルなんて
まともなもんじゃないわ。

ま、ホルモンという、
我を忘れさせる成分の
仕業ともいえると思いますが。

この記事へのトラックバック