RDAジャパンのユニット会議&乗馬会

みちのくも猛暑です。
そんな暑い中、先週24日、25日と乗馬会が行なわれました。
この二日間はパカポコクラブが準ユニットとして登録になっているRDAジャパンのユニット会議の場としても設定されており各地で活動している7つのユニットの方々が来厩されました。

遠く山口県~北海道までの各地から13名の馬大好きな方々、そして馬がどんな人にもよりよいパートナーになりうることを日ごろの乗馬活動で感じてらっしゃる方々が集まっていろいろな情報交換、意見交換が行なわれてたいへん有意義な時間を持つことができました。

いつもは東京の方での会議だけだったので私たちは出かけて行くことも難しいので欠席ばかりで失礼していましたが、今回こうしてお出でいただけていろいろな活動をしていらっしゃる素敵な方々とお会いできて嬉しい思い出いっぱいです。

大勢のお客様が見学なさる中での乗馬会は少々緊張しましたが、適切なアドバイスなどもいただき無事に楽しく終えることができました。

一日目はハンズさんの利用者さんの乗馬会でした。
初めての挑戦となる女の子たち2名。
作業療法士の林原さんから補助の仕方を教えていただきました。
画像

車椅子から馬の背に乗っての乗り心地はどうだったでしょうか?
最初は泣きべそだったのに最後には馬から下りてからもダイヤと仲よくコミュニケーションがとれていたのにはみんなびっくりしました。



ベテラン大ちゃん、最近は乗る機会が少ないのだけれど、速足もして最後には上機嫌でした。
画像



2日目は定例乗馬会。
夏休みとあって欠席者もあり3名だけでしたが、2回目の乗馬体験となるアヤちゃんが参加してくれました。
一回目とはまるで違って終始笑顔!
元気な声で ‘両手、離せたよ!’
画像

みんなも嬉しくて笑顔だったよ!


各地で熱心な活動をされている方々の熱い思いに触れ、私たちもがんばらねば~と思いました。
馬の魅力と可能性をより多くの人たちに知っていただき、より多くの人、馬たちと楽しい時間を過ごすために!

遠く来厩してくださったユニットの皆様、ご苦労様でした。
どうもありがとうございました!
これからも馬っこのご縁を大切に、よろしくお願いいたします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

のらじ
2010年07月30日 22:38
ピンクのメンコをしているポニー♪
超かわいいですね♪(*^_^*)

でも、メンコはオシャレのためじゃなさそう…
なぜメンコをつけることになったんでしょう?
メンコをつけている方が落ち着かない馬も
いますもんね。

それに、最初は、メンコをつける練習だって
大変そうです。(^_^;)
パカ子
2010年07月31日 06:01
のらじさん、お察しのとおり、メンコには意味があります。ただのメンコではなく遮眼帯(手作りです)がついているのです。この馬はダイヤという名前で8年ほど前に12歳で来ました。大人しく人も乗せるのですが、乗り手が馬上で手を上げたり動くのが見えるのを怖がり暴走してしまうのです。で、乗り手が見えないように遮眼帯を付ける事にしました。
効果抜群!、リーダーに頼って、曳手がなくても付いて歩くほど。乗り手さんに馬上運動などもさせることができるようになりました。
何かここに来る前にトラウマになるような事があったのだと思います。
この日は作業療法士の方のご指導で鞍をつけずに毛布だけにしました。やさしいダイヤは乗り終わってからもしっかり乗り手さんのお相手をして気に入られたようです。
のらじ
2010年08月01日 18:34
生きる場所と生きがいが見つかって
ダイヤがほんとに良い子だからこそ
なんだと思います。ほんとに良かった♪

ある乗馬クラブにいた牡馬は、
洗い場で長いほうきを使ったとき
いつもは大人しいのに激怒しました。

きっと、どこかで、長い棒で
殴られたりしたことがあるんだと
ハッとして、あやまっても悲しくて。

その牡馬も、適齢を過ぎた去勢に
失敗して死んだと聞いており、
私の思い出写真の1枚になりました。
パカ子
2010年08月01日 21:56
のらじさん、人も馬も辛い、嫌な思い出はなかなか消えないもののようです。最初の人との関わり方やその後の馬たちの歩む道で出会う人との関わり方でその馬の性格などが大きく影響されてしまうことを今までに関わった馬達から感じました。
のらじさんの思い出の馬もきっとのらじさんの思いは感じてくれていたと思いますよ。

この記事へのトラックバック