ベストフレンド・カップその2

画像
フォトbyゆかさん

昨日はとうとう協賛レースの日。
プレゼンテーターを勤めてくれる親友とも最終打ち合わせも完了。
友は家族で競馬場へ行ってくれたようだ。

ポコ夫、息子カズマとパソコンを取り囲んだ。
インターネット投票も早々と済ませた。
大判振る舞い、ご祝儀で全馬単勝買ったぞ!  (100円づつですが・・・)
枠番も3通り、息子と同じ名前のカズマ中心に買った。

インターネットのライブ映像ではパドックが映っている。
親友家族の姿を探すが見つからず。
いよいよ第9レース。
レース解説が始まった。
「第9レースも個人協賛レース、ベストフレンズ・カップです」
ねらいどころなど解説があった後、
「このベストフレンズ・カップについてご紹介します・・」
エッ?
そしてブログの記事の一部が読み上げられた。
びっくりした、なんだか胸が震えた。

協賛レースの担当の方の言っていた何か企画を考えたいと思います、というのはこの事だったのか?・・・
協賛レースの申し込みが終わってから、ふっと思いついたのが、騎手の方のサイン色紙がもらえないかな?ということだった。幸子さんにレースの記念に渡せればとの思いだった。
駄目もとで、色紙とレースを申し込んだ経緯を書いた手紙を担当の方にずうずうしく送ったのだ。
結果はOK!
そして、このサプライズも企画して下さったのだ。

もうレースはパソコンの前でみんなで盛り上がって応援した。
第一障害を越えるともうもうと砂埃で馬が見えない。
もう誰でもいいよ!みんな頑張れ!

勝ったのは8番人気のシンエイスター。
最後まで目の離せないレースだった。(馬券も当たって、と言っても全馬買ったので当然ですが、けっこう穴馬だったので、トータルで初めて340円プラスになった!)

表彰式では優勝騎手のサイン色紙もいただいた、と、プレゼンテーターを勤めてくれた親友から電話が来た。
そしてレースの映像をDVDにも納めてくださるとの事。
幸子さんもレースを見ることができるかもしれない。

みなさんのお陰で実り多い協賛レースができた。
幸子さん、喜んでくれるだろうか?
まっさきに電話したいのだが、施設では電話を取り次いでくれない。電話は1階にあり、幸子さんの部屋は2階で連れてくるのがたいへんだからのようだ。それなら職員の手が空いたときでよいから時間を指定してもらったらその時間にかけ直す、と頼んだが断られた経緯がある。
外部からの電話はダメとも言われた。
そんな閉鎖的な所で過さなければならない幸子さんに気持ちだけでも外の世界に飛んで行って欲しいと願っての協賛レースだった。

人にも馬にもやさしいばんえい、みんなに夢と勇気を与えてくれるばんえい競馬。
ゆっくりゆっくりでも力強く、一生懸命に歩むばんえい競馬。
これからも応援するよ!

協賛レースを応援してくださったみなさん、ありがとう!
みなさんの気持ちをこれからゆっくりかみしめて幸子さんに伝えようと思います。

同じ日、 「がんばれ!ばんえい応援企画」の協賛レースもありました。
その表彰式の様子が紹介されています。ばんえい十勝劇場
プレゼンテーターの宙(そら)君の笑顔がいいですね!
今回、ベストフレンズ・カップの表彰式、記念撮影の写真がまだ届かないので 
「ばん馬にいる風景」のゆかさんの写真をお借りしました。
ありがとうございます!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック