リハビリ・ジム ってどうかな?

画像

2月18日はポコ夫の落馬記念日、(または復活祭)である。
3年前のこの日、乗り馴らし調教中に落馬、頚隋損傷の重症を負ってしまった。そして、思いもかけなかった新たな試練の人生を始めることになった、あえて復活の日と言いたい。
本当に1歩間違えていたらもうこの世にいなかったかも知れないような状況だったのだから。

7ヶ月入院でなんとか身の回りのことは不自由ながらできるようになって退院し、この3年、しんどいながらも過ごすことができた。

昨年4月に医療制度が変わるまでは1週間に1度、県立病院にリハビリに通っていたが、リハビリ日数の制限が設けられたため、リハビリは打ち切りとなってしまった。
以来、ポコ夫は毎日、自主トレをして、体調維持に努めている。
5月から11月まではポニーでリハビリ乗馬を毎朝続けた。
最近新兵器としてステップを踏む健康器具を購入し、足腰が弱らないように関節がこわばらないようにとがんばっている。今年は雪がないので冬も外をいくらか歩くことができた。しかし、例年のような冬なら足場が悪くて冬は歩けない。
ポコ夫のような後遺障害を負ってしまった人は動かないとすぐに筋力がおちてしまう。せっかくリハビリで動けるようになったのに、また動けなくなる可能性もある。

保険医療としてのリハビリが打ち切られて困っている方は大勢いることだろう。自主トレも一人家庭でやるのは張り合いのないことであろう。孤独感から不安を呼んだり精神的なストレスを生んでしまうこともあろう。

同じようにリハビリを頑張ろうという人々といっしょにできる、トレーニングジムのようなリハビリ・ジムが作れないものだろうか?

原則的に自主トレである。しかし、そこには作業療法士や理学療法士といった専門家が常駐しており、個人個人に応じたプログラムを作ってくれる。
そしてリハビリの状況を見守ってくれる。そして必要な時には医師との連携をとったり、本格的な指導のもとのリハビリを行ってくれる。
リハビリをする人はそれぞれのメニューをお互いに情報交換しながら楽しく励ましあいながらやっている。
リハビリ・ジムには温泉もあって、汗を流したあとはゆったりとお湯に入ってリラックスできる・・・

こんなリハビリ・ジムがあったら家にこもりがちになる身体の不自由な人も積極的に外にでる機会が増えるだろう。お互いに刺激しあって精神的にも身体的にも良い効果があると思うのだが・・・
ある程度の経済的な負担があってもその価値があれば利用する人は多いと思うけれど。
リハビリを病院で受けられない、その後の受け皿が非常に乏しい現状をなんとかしてほしいと願っているのは私たちだけでしょうか?
リハビリ・ジム、考えてくれないかしら?

リハビリセンターのみなさん、ポコ夫もそれなりに元気でがんばっています。
センターでの生活は今思うととても穏やかな、幸せな時間の流れがありました。いつも笑顔の看護士さんや先生がたのお陰で、みんな前向きに明るく一生懸命リハビリをがんばれました。
ありがとうございました。
これからも、多くのリハビリを必要とする人達のサポートをよろしくお願いします。






































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ポコ夫
2007年02月21日 16:25
親愛なるパカ子さんへ・・・「ありがとう」
 しんどい しんどいと言いながら3年過ぎました。思うように動けない、やりたい事も一人では出来ない、そんなもどかしさに 一人で腹を立て・・・でも、それを外に出してはいけない、そう思って居ても、つい口に出してしまう、情け無いと日々後悔、私より重い苦労を背負い込んでしまった貴女に、どのように感謝の気持ちを伝えれば良いのか、怪我をする前は、あれもしたい、これもしよう、夢は一杯有ったのに、殆んどが白紙に、・・・・・そうか、白紙だから新しい夢を考えればいいか、・・・・・先々の不安も有るのに、明るく前向きな貴女に、頭が下がる思いです。
だから、ありがとう、ずっと、ありがとう。
諦めずに、頑張る、自分に出来る事はこれかな。これからも よろしく。
80yukiko
2007年02月21日 18:08
こちらのブログにお邪魔すると、ときどき私は勝手に胸が熱くなり、涙腺がゆるんでしまうという「妙な癖」があるようです(笑)。

秀浪の記事でもやられましたが、今回もやられました・・・完全ノックアウト状態です(笑)
パカ子
2007年02月22日 05:38
私ががんばっていけるのは逆にポコ夫ががんばってくれているからです。よく、もし私があなたのようになっていたら・・・と考えますが、絶対、あなたのようにはがんばって生きられないでしょう。
白紙のキャンバスにどこまで絵が描けるかわかりませんがいろんな色で何か描き続けて行きましょう。あちがとう。
ふぁるこ
2007年02月22日 21:16
80yukikoさんに、同感です!!!!
やられたぁぁぁ~~!(涙と笑)

明るく前向きに…
私もそうありたいと思います。
ポコ夫さん、パカ子さん、とても素敵なご夫婦ですね。
(生意気ですみません…。)
パカ子
2007年02月23日 05:41
いえいえ、80さん、ふぁるこさんご夫婦も素敵なご夫婦ですよ。
馬好き夫婦はウマく行く?
ありがとうございます。

この記事へのトラックバック