メリークリスマス! パカポコクラブ

クリスマスイブの24日はパカポコクラブの今年最後の定例乗馬会でした。
朝起きるとうっすらと雪が積もり、時どき雪が舞うような天気。
ホワイトクリスマスは良いのだけれど、乗馬をするのにはちょっと困るお天気です。
乗馬会が始まる10時ごろには雪はほぼおさまっていましたが、年末の忙しい時期も重なってか、参加者は3名でした。

しかしこういう人数の少ない時にしかできないこともあります。
ポニーのダイヤだけを出して今日は子ども達一人で乗せてみよう!
3名ともパカポコクラブに来るようになって4年位になる子たちです。馬上での体操やゲームはもうたいがいの事はこなすことができます。
これからは《自分の意思》で馬を動かすこと、合図と馬の動きの意味を理解して自分の意思を馬に伝えることができるようになってほしいなあと思っています。

K君は今年、ずいぶん大きくなりました。今まで身長も小さく同じ年齢の子達よりずっと幼く可愛く見えました。それがこの1年ですごい成長で身体も顔つきもぐっと大人びてびっくりさせられました。
まだ、こちらの指示どおりにはできませんが、断片的に言われたことはわかってはいるようです。自閉症のK君は昔は馬に乗っていてもそのころ興味のあった鳥を見つけると降りて走っていくような子でしたが、今は乗る順番やどの馬に乗るか、といったような事で自分の意思を伝えたり、逆にこちらでお願いしたことを聞き入れてくれるようになりました。
今日は乗ってる途中に脇を歩いていた私の肩を叩いて声をかけました。
『馬、スナ(?)・・・・・??』
ウマという言葉は聞き取れたのですが、残念ながらその後の言葉がわからなかった。
ゴメン!何を伝えたかったのかなあ、K君。
せっかく話かけてくれたのにね。

画像



D君は弟のH君と一緒に来てくれる、元気な明るいおしゃべりな子です。
ちょっと人に頼りすぎるところがあります。我が家のカズ馬と似たようなところがあります。
馬の乗り降りも力の入れようが分からないのか、掛け声だけは元気なのですが身体が動いていません。
『あ~、だめだ!できな~い!』
いつも、やさしいおかあさんがすぐ助けてくれるのを期待しています。
でもダメだよ、今日は一人で諦めずにやろう。
少しだけ手助けの台をおいてその上に乗ってから一人で馬にまたがるようにしたら、なんとか一人で乗れました。
『やった~!』
いつも元気なD君です。

画像



ダイヤは子ども達のむちゃな手綱使いに抵抗しつつも我慢強くおとなしくしていてくれます。
だからこそ安心して一人で乗せてあげることができます。
ダイヤ、ありがとうね。
子ども達からもらうお礼のにんじんをもらってダイヤもメリークリスマス!来年もよろしく頼むよ。2007年、またどんな笑顔に出会えるか楽しみにパカポコがんばりましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

80yukiko
2006年12月29日 13:08
ダイヤくんの背の上で、これまでにも多くの子供さんたちが、自信をつけたり勇気を持ったり笑顔を見せたりと・・・HAPPYになってきたんですねぇ。ダイヤくんの背中の上は、とても素敵な場所ですね!

この記事へのトラックバック